町長からのご挨拶

更新日:2021年9月1日

(写真)町長

9月です。最も光り輝く夏が終わろうとしています。パラリンピックもまもなく終わりを迎えます。パラリンピアンの活躍に勇気と感動をいただいています。

全国的に新型コロナウイルスの感染拡大が止まりません。県内での感染者数も急激に増え、医療がひっ迫してきています。トンネルの出口が見えない日々が続きそうです。町では新型コロナワクチンの接種を進めており、希望する町民の方への接種を10月初旬には終えることができるよう取り組んでいます。

さて、今年の海開き(海水浴場開き)は白良浜海水浴場、臨海浦海水浴場、江津良海水浴場、椿海水浴場の4か所を開設しました。新型コロナウイルス感染症対策のガイドラインを設け、安心・安全で快適な海水浴場としてお客様をお迎えしましたが、コロナの感染拡大と8月の天候不順等が影響し、利用客が約20万人という結果となりました。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、宿泊者数、日帰り客数とも減少しており、観光業や飲食業は大変厳しい状況にあります。トライアスロン大会や各種ビーチスポーツ、砂まつりなど多くのイベントや行事も開催できない状況です。花火については7月と8月の土曜日に、白浜温泉旅館協同組合主催のメッセージ花火を、日曜日には南紀白浜観光協会主催の白浜花火ラリーを開催していただきました。8月末の28日、29日は中止となりましたが、メッセージ花火、白浜花火ラリーとも好評でした。例年、大規模な花火大会を2回開催していましたが、今年は花火ラリーということで、約15分、800発の分散型の花火を行い、喜んでいただいたところです。秋以降のイベントについては、新型コロナウイルスの感染状況を見極めながら開催したいと考えています。

8月には富田中学校の屋内運動場が完成し、関係者の皆様と落成式を行いました。これで学校施設の耐震がすべて整ったところです。中区と日置区の津波避難ビルの完成に向けて工事も進んでいます。湯崎保育園の改築については、白浜消防署の隣接地の造成工事が終わり、一日でも早い建設に向けて取り組んでいるところです。防災・減災対策待ったなしであります。これからも「住んでよし、訪れてよし」のまちづくり、「世界に誇れる観光リゾート白浜」の実現に向け、まちづくりに邁進したいと考えています。

 

2021年9月吉日

(イラスト)白浜町長サイン
お問い合わせ先
総務課 企画政策係
〒649-2211 和歌山県西牟婁郡白浜町1600番地
電話:(0739)43-5555 ファックス:(0739)43-5353

お問い合わせフォーム